2009年05月18日

ビデオテープの劣化(2)テープ切れ

●テープがリールから外れてしまう

ビデオテープも時間が経つとリールとテープを接続していた接着剤の粘着力が無くなりはがれてしまいます。
こういうテープはもう一度接続し直してから再生しなければなりません。

このように、薄い磁気テープに記録された思い出の映像は、できるだけ早くDVDに変換しておくことをお薦めします。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎


posted by 思い出創造社 at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビデオテープの劣化(1)カビ

●ビデオテープの劣化が進んでいます。
思い出のビデオテープをそろそろDVD変換しなくては、と久しぶりに取り出し、再生して見ようとすると思わぬトラブルに見舞われます。
●ビデオテープにカビが発生

最悪なのは、テープのカビです。
テープは丸いリールに巻かれていますが、その外側に白い粉をまぶしたようにカビが付着してしまうのです。
どうやら、カビがビデオテープを好きなようで、保存状態が悪いと見事に白いカビが着いてしまいます。
IMG_テープカビ.JPG

カビを拭き取ろうとしても、リールのカバーとの間にあるため簡単には取れません。

それでは仕方がないから、そのままビデオデッキで回すとカビが飛び散り、ドラムに着いてしまってビデオデッキが壊れて使えなくなってしまいます。
最近、このカビを取ってからダビングするケースが増えています。
実はカビ取り作業は、デッキが壊れるリスクが高いため慎重に行わなければなりません。

●カビにより、テープの素材が壊れる
カビが着いたまま放置されたテープの中には、ちょうど長い間放置された輪ゴムのように、素材に粘りが無くなってしまい、プツプツと切れてしまうものもあります。
こうなったら、ビデオデッキにテープを入れて巻き戻しや再生をしようしても、パリパリといって切れてしまいますので、手の施しようがありません。

このようになる前に、DVD化して保存しましょう。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎


posted by 思い出創造社 at 19:08| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定額給付金でビデオテープをDVDへ

●ビデオテープのDVD変換をついつい先延ばしにしてしまう
思い出のビデオテープをそろそろDVD変換しなくては、と考えている人も、
「いつでもできる」
「そのうち」
「景気が良くないので、生活費以外にお金が無い」
などの理由で、ついつい先延ばしにしてしまいます。

●定額給付金を ビデオテープをDVD変換するきっかけに
定額給付金を、そのきっかけにすると良いと思います。
大切なビデオテープの数は、1本から数十本まで様々ですが、
一人1万2千円というのは、ちょうど有効利用できる金額だと思います。
大切な思い出のビデオテープをDVDに変換して良かった、安心したというお客様の声を沢山聞きます。
定額給付金のような臨時収入だからこそ、
思い切って、我が家、私たちの思いで保存に使うと、
価値が倍増するでしょう。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎


posted by 思い出創造社 at 18:10| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

最近のハイビジョン・ハンディビデオカメラ

●ビデオカメラの再現性にはちょっと不満だった
私は、昔からVHSや8mmのホームビデオで家族や旅行の撮影をしてきました。
撮影した映像の記録そのものの魅力は変わりませんが、ビデオカメラの性能的には、テレビ局の映像にはかなわなく、実際に撮影した時のイメージと帰ってきて再生したときの映像の精度には若干の不満がありました。
本物はもう少し色が良くて、細かなところまで写っているはずだったのに、もっと精細に写ってほしい、と常に感じていました。

●現在のハイビジョンカメラ(キャノンiVIS HG10)の精度には満足
ところが、現在のハイビジョン対応のビデオカメラの性能は驚くほど高性能で、感心します。現在は、キャノンのアイビス(iVIS) HG10を使っています。
16:9のハイビジョンTVの画面に実際に見てきたとおりの映像が映っており、以前のビデオメラの不満を一気に解消してくれます。
また、キャノンはカメラの会社なのだからか、映像や色彩などの再現性もすばらしいと思います。
自然な写りにハンディのビデオカメラとしては大変気に入っています。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎


posted by 思い出創造社 at 18:19| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。