2009年10月01日

ビデオに白いカビ

白いカビが着いてしまったビデオが増えています
大切なVHSビデオにカビが生え、見られなくなる前にDVD化をして下さい。
IMG_テープカビ.JPG●慎重にカビ取り作業
白いカビが、ビデオのヘッドにまとわりついてしまうと、機器が壊れてしまいます。このようなカビ取りはリスクが高いのであまりしたくないのですが大切なものなので、・・・といわれると断れません。
テープから慎重にカビ取り作業をして、テープが切れないうちに再生してDVDへの変換をします。
一通りダビングしてしまえば一安心です。

●DVDに変換して送付
完成DVDをお送りすると、「DVD届きました。今まではカビがひどくて、心配で見ることができませんでした。これで安心して見られます。ありがとうございます。」と、喜びの声をいただきます。

カビが生え、壊れて見られなくなりそうなビデオテープの映像をDVDとして残すお手伝いが出来、本当に良かったと思います。

でも、カビにテープの正気を吸い取られパリパリになってしまうテープもよくあります。早めにDVDに変換しましょう。
運良く再生できるものばかりではありませんので・・・。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 17:54| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

地震の発生直前にコウモリが異常行動

地震の発生直前にコウモリが異常行動
平成21年8月11日午前5時7分に静岡県の駿河湾でM6.6の地震が発生しました。

私の家は、静岡市の葵区と清水区の境にある瀬名川という地区で、平野部の住宅地の一角にあります。

周囲は水田を埋め立てた住宅地が多く立地し、近くを巴川が流れるやや軟弱地盤の地域であり、結構大きな揺れを感じました。

地震発生10分前の異常

今回は、ビデオとは直接関係ありませんが、地震発生10分前の異常現象を報告します。

5時5分前頃、私の家の外で飼っているランという犬が、キュン、キュンと鳴いて、散歩に連れてってという要求がありました。

私は、いつものことかと、少し時間が早いが仕方なしにベットから起きて、外の犬小屋に行きました。外は小雨が降っていて、今日は散歩なしということで、家の中に入れ静かにさせることにしました。

そのときに、周りを見ると、いつもは見たことのないような光景がありました。

沢山のコウモリが乱れ飛んでいて気持ち悪い!

家の横にある畑の上をコウモリが沢山飛んでいてました。それも、上に下にと乱れ飛んでいる様子でした。

その時は、「こんなこともあるのか、気持ち悪い。」と思っただけで、犬を家の中に入れ、部屋に戻り、またベッドの上に横になりました。

5時7分突然の地震発生

5時から始まるテレビ静岡(フジテレビ系)の「めざニュー」といういつもの番組を見ていました。

そして、5時7分になった時に、一気に「ドシン、グラグラ、ミシミシ・・」と地震が来ました。20〜30秒ほど続いて、静かになった頃、家族が「大丈夫だった」と部屋に入って来ました。

それから、大急ぎで家の中を見に行ったのですが、わが家はタンス、食器棚、テレビ類、倒れて危険そうなものは固定してあるため、大丈夫でした。

そこで、窓から周辺の家の被害はないか除いてみると、みなさん心配そうに外を見ている人がいましたが、特に大きな被害があった家はなさそうでした。

地震が収まるとコウモリはいなくなっていた

妻に、「そういえば、コウモリが異常に多かったよ」と話し、コウモリが飛んでいないかと探しましたが、その時には一匹もいませんでした。

「もしかして、コウモリは、人の目には見えない超音波を感じることが出来て、地中内の異常をいち早く察知したのではないか」と話しました。

毎朝の散歩でこんな経験は初めて

これまでの14年間ほど、ほぼ毎日、同じ頃の時間にいつも犬の散歩に行きますが、このようなことは初めてでした。

そして、今朝も同じようにシトシト雨が降るような天気でしたが、5時頃、外を見てもコウモリは一匹もいませんでした。

コウモリに地中の異常を感じる能力があるのでは

地中の中や道路や下水道などの地面の中で生活しているコウモリには、地震発生前のきしみや周波の変化など、いち早く地面の中の異常を察知する能力があるのではないでしょうか。

コウモリの能力を研究してほしい

地震発生前のホンの数分前のコウモリの異常行動がなぜ起きるのかを研究してみることも無駄ではないと思います。

もし、そのようなことが事前に分かれば、これから発生するであろう今回よりも200倍のエネルギーを持つという東海大地震に、いち早く身構えることが出来るかもしれません。

当社は、大切な思い出の詰まったビデオの変換のお手伝いをしたいと設立した会社です。みなさんの思い出ビデオを大切にします


思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 20:55| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

;">「DVDにして安心して見られます」−お便りから

「DVDにして安心して見られます」−お便りから
大切なVHSビデオが古くなり安心して見られません。DVD化をして下さい。

ビデオテープは古ければ古いほど貴重な映像が映っているものですが、テープも寿命があるため、安心して見られないというお客さんから注文をいただきす。

●慎重にダビング作業
このような場合には、当社でも、テープが切れたりしないように慎重に巻き戻してから、再生してDVDへの変換をします。一通りダビングしてしまえば一安心です。

●完成DVDが届いて
完成DVDを送付すると、「DVD届きました。今までは心配で見るのを遠慮していましたが、これからは安心して見られます。ありがとうございます。」というメールをいただきました。

このようなビデオテープの映像をDVDとして残すお手伝いが出来、喜んでいただけて本当に良かったと思います。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 16:13| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

DVDの価値を高める盤面ラベル

DVDの価値を高める盤面ラベル

結婚式場や子どもの運動会、発表会などのビデオをDVDに作成するとき、面倒であったり、経費がかかることから白い盤面のままで済ませてしまう人が多いと思います。

DVDの価値を高め、大切に保存する為にも盤面ラベル印刷をお薦めします。

一目で内容が分かりますし、大切に保存しようという気にもなります。

H20水色下地に流れと花.jpgH20菖蒲園と石倉・写真.jpgH20ハスの花・写真.jpg


自分でパソコンとプリンターを使ってオリジナルの盤面印刷ができる人は良いですが、水性サインペンなどを用いて手書きで書くと、後で滲んでしまったりして見栄えが良くありません。

是非、大切なDVDは盤面ラベル印刷をして保存しましょう。



思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 12:05| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

企業研修ビデオのDVD変換を

企業研修ビデオのDVD変換を

最近、アナログのビデオテープからDVDへの変換希望が多くなっているものに、企業研修ビデオがあります。

各企業にとって社員教育は重要なことです。

研修資料として、講師の話、先代の社長の話などをビデオに取っておいて、新入社員に見せることがあります。

ビデオは、会社の方針を伝える有効な手段になっているようです。


重要なメッセージはDVDにして保存を

会社で重要なビデオテープがVHSや8mmビデオであることが多いようです。

再生機がアナログからDVD化したため、見ることができなくなったから、とDVDへの変換依頼を受けます。

また、大切なビデオもテープが劣化してしまうと適正に見ることができなくなってしまう恐れもあります。

良いお話や会社の教訓などは、作成した年には関係ありませんので、見られなくなる前に、早めにDVDにして保存することをお薦めします。



思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 15:08| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

ビデオテープの劣化(1)カビ

●ビデオテープの劣化が進んでいます。
思い出のビデオテープをそろそろDVD変換しなくては、と久しぶりに取り出し、再生して見ようとすると思わぬトラブルに見舞われます。
●ビデオテープにカビが発生

最悪なのは、テープのカビです。
テープは丸いリールに巻かれていますが、その外側に白い粉をまぶしたようにカビが付着してしまうのです。
どうやら、カビがビデオテープを好きなようで、保存状態が悪いと見事に白いカビが着いてしまいます。
IMG_テープカビ.JPG

カビを拭き取ろうとしても、リールのカバーとの間にあるため簡単には取れません。

それでは仕方がないから、そのままビデオデッキで回すとカビが飛び散り、ドラムに着いてしまってビデオデッキが壊れて使えなくなってしまいます。
最近、このカビを取ってからダビングするケースが増えています。
実はカビ取り作業は、デッキが壊れるリスクが高いため慎重に行わなければなりません。

●カビにより、テープの素材が壊れる
カビが着いたまま放置されたテープの中には、ちょうど長い間放置された輪ゴムのように、素材に粘りが無くなってしまい、プツプツと切れてしまうものもあります。
こうなったら、ビデオデッキにテープを入れて巻き戻しや再生をしようしても、パリパリといって切れてしまいますので、手の施しようがありません。

このようになる前に、DVD化して保存しましょう。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎


posted by 思い出創造社 at 19:08| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定額給付金でビデオテープをDVDへ

●ビデオテープのDVD変換をついつい先延ばしにしてしまう
思い出のビデオテープをそろそろDVD変換しなくては、と考えている人も、
「いつでもできる」
「そのうち」
「景気が良くないので、生活費以外にお金が無い」
などの理由で、ついつい先延ばしにしてしまいます。

●定額給付金を ビデオテープをDVD変換するきっかけに
定額給付金を、そのきっかけにすると良いと思います。
大切なビデオテープの数は、1本から数十本まで様々ですが、
一人1万2千円というのは、ちょうど有効利用できる金額だと思います。
大切な思い出のビデオテープをDVDに変換して良かった、安心したというお客様の声を沢山聞きます。
定額給付金のような臨時収入だからこそ、
思い切って、我が家、私たちの思いで保存に使うと、
価値が倍増するでしょう。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎


posted by 思い出創造社 at 18:10| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

最近のハイビジョン・ハンディビデオカメラ

●ビデオカメラの再現性にはちょっと不満だった
私は、昔からVHSや8mmのホームビデオで家族や旅行の撮影をしてきました。
撮影した映像の記録そのものの魅力は変わりませんが、ビデオカメラの性能的には、テレビ局の映像にはかなわなく、実際に撮影した時のイメージと帰ってきて再生したときの映像の精度には若干の不満がありました。
本物はもう少し色が良くて、細かなところまで写っているはずだったのに、もっと精細に写ってほしい、と常に感じていました。

●現在のハイビジョンカメラ(キャノンiVIS HG10)の精度には満足
ところが、現在のハイビジョン対応のビデオカメラの性能は驚くほど高性能で、感心します。現在は、キャノンのアイビス(iVIS) HG10を使っています。
16:9のハイビジョンTVの画面に実際に見てきたとおりの映像が映っており、以前のビデオメラの不満を一気に解消してくれます。
また、キャノンはカメラの会社なのだからか、映像や色彩などの再現性もすばらしいと思います。
自然な写りにハンディのビデオカメラとしては大変気に入っています。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎


posted by 思い出創造社 at 18:19| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

家族のビデオは宝物!DVD保存を!

●家族の若い頃のビデオで盛り上がる
ビデオテープを整理していたらVHS-Cで撮影したカセットが出てきました。
その内容は、18年前に、私の家に集まった妻の両親と兄さんの奥さんと子どもたち2人。私の子ども2人の写っているマイホームビデオでした。

●お盆休みで帰ってきた義兄家族と一緒に見る
ちょうど、その義兄家族が東京から静岡の実家に、早めのお盆休みで帰ってきていたので、DVDにしてみんなで見ました。
その中には、若かりし頃の私たちの姿や本当に小さくてかわいかった子どもたちの姿が映っていました。
また、その中にちょこっとですが数年前に亡くなったお父さんの姿も映っており、久しぶりに会えたように感じ、懐かしく思いました。
10分ほどのテープでしたが、ビデオ映像は動きや声があり、写真とは違う臨場感に大いに盛り上がりました。

●家族の映像は宝物
正直言って、他人の家族のビデオは結構長く感じるものです。しかし、自分達の家族映像は特別で、少しも長く感じません。
時が過ぎれば過ぎるほど懐かしく、その当時の楽しい家族の記憶がよみがえる貴重な宝物です。
昔撮ったビデオを見たり、DVD化するのはちょっと面倒ですが、お盆で家族が集まった時にみんなで見ると良いですよ。
きっと、若かりし頃の体型やファッションを見て大いに盛り上がること請け合いです。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 15:47| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

DVDも劣化する

●DVDも劣化するという試験結果
VHSや8mmビデオのテープは、時間とともに伸びたり、カビが生えたりして劣化する(10〜20年?)ので、大事なデータを「DVDに永久保存しましょう!といわれます。
しかし、これには少し注意が必要です。最近のDVDに関する試験結果では、DVDの種類や保存方法によっては、DVDが劣化して見られなくなってしまうことが明らかになっています。

▲DVD-Rは、有機色素を用いた記録面にレーザー光を当て、化学変化を起こさせて記録させます。
そのため、太陽の紫外線や熱に直接当たる場所や高温多湿な場所に長時間おくと、急速に劣化が進むのです

▲実験結果からは、特に「台湾製の格安を売りにしているディスク」などは、数日で劣化が始まり、再生に支障が出るようになりました。一方、「日本製の多く」は劣化の進行は少なかったという結果でした。

●DVDを劣化させない保管方法
大切なデータを長期保存するには、日本製の信頼性のあるディスクを用い、湿気や高温度、日光などを避けて、環境の良いところに保存することが必要です。

思い出創造社は、大切な映像データを末永く保存する手伝いをします。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。