2008年11月18日

コピーワンスとDVDディスク

●DVD-RAMとブルーレイに感じるコピーワンスの矛盾
DVDにデジタル放送を記録して保存するのですが、その時に、非常に大きな矛盾を感じるのが、DVD-RAMです。
最初の頃、DVD-RAMは、10万回も書き換え可能なのだから少しくらい高くても良いディスクにしようと、CPRM機能のディスクを購入し地デジ放送を録画しました。
ところが、このRAMディスクは、カーナビなどについているドライブでは再生できません。
では、一度見たので他のディスクに保存しておこうとしても移せません。
結局、DVD-RAMの10万回可能の機能を生かそうと思っても、消したくないデータがあればそのままDVD-RAMに保存するしかないのです。
映画や音楽など画質や編集等にこだわる場合は別ですが、画質にこだわらないで情報番組を保存しようとすると、結局、1回だけコピーできるDVD-Rと何の違いはないことに気付きます。

●ブルーレイも保存内容に合わせて使おう
コピーワンス機能は、値段の高いブルーレイでも同じです。
地デジのテレビ映像をブルーレイに保存したら、ディスクの中のデータはそれ以上移動できません。
保存データ量も多く、何度も保存し、消去して使えると思ったブルーレイも、大事なデータで埋まったところで、それ以上移動させることは出来ません。書き換え可能能力(RW)などは関係ありません。

●映像にこだわらない情報番組はDVD-Rで保存がお得?
結局、情報番組など映像の高精細にこだわらないで保存しておきたい番組などは、ブルーレイでなくフツーのDVD-Rに保存した方が安上がりということになります。
どちらも1回しかコピーできないのですから。

●コピーワンスではなくデータ移動方式にしてほしい
せめて、地デジ放送については、コピーワンスではなく、DVD間のデータの移行が可能としてほしいですね。
そうなれば、ブルーレイの高画質映像を楽しんだ後はDVDに保存して、また新しい高画質放送をブルーレイに保存して楽しめるようになるのです。
データ移動可能にならない限り、DVD-RAMやブルーレイの唱う、何万回もの再コピー可能機能はほとんど生かせません。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎

posted by 思い出創造社 at 10:58| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。