2009年06月24日

;">「DVDにして安心して見られます」−お便りから

「DVDにして安心して見られます」−お便りから
大切なVHSビデオが古くなり安心して見られません。DVD化をして下さい。

ビデオテープは古ければ古いほど貴重な映像が映っているものですが、テープも寿命があるため、安心して見られないというお客さんから注文をいただきす。

●慎重にダビング作業
このような場合には、当社でも、テープが切れたりしないように慎重に巻き戻してから、再生してDVDへの変換をします。一通りダビングしてしまえば一安心です。

●完成DVDが届いて
完成DVDを送付すると、「DVD届きました。今までは心配で見るのを遠慮していましたが、これからは安心して見られます。ありがとうございます。」というメールをいただきました。

このようなビデオテープの映像をDVDとして残すお手伝いが出来、喜んでいただけて本当に良かったと思います。

思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 16:13| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

DVDの価値を高める盤面ラベル

DVDの価値を高める盤面ラベル

結婚式場や子どもの運動会、発表会などのビデオをDVDに作成するとき、面倒であったり、経費がかかることから白い盤面のままで済ませてしまう人が多いと思います。

DVDの価値を高め、大切に保存する為にも盤面ラベル印刷をお薦めします。

一目で内容が分かりますし、大切に保存しようという気にもなります。

H20水色下地に流れと花.jpgH20菖蒲園と石倉・写真.jpgH20ハスの花・写真.jpg


自分でパソコンとプリンターを使ってオリジナルの盤面印刷ができる人は良いですが、水性サインペンなどを用いて手書きで書くと、後で滲んでしまったりして見栄えが良くありません。

是非、大切なDVDは盤面ラベル印刷をして保存しましょう。



思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 12:05| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

結婚式のビデオをDVDに

結婚式のビデオをDVDに


結婚式場で記念に撮ってもらった結婚式の大切な思い出のビデオは、VHSや8mmのビデオテープであることがほとんどです。

今すぐに見るものでなく、子どもたちが大きくなってから見せればいいやとそのままにしておくことがよくあります。

ところが、いざ見ようと思ったときには、テープが劣化して見ることができなくなっていることが予想されます。


テレビもレコーダーもアナログからデジタルへ移行

まず、第一に2011年7月24日からテレビのデジタル放送化へ完全移行します。

それに伴い、再生機のほとんどがデジタル化され、アナログの再生機が少なくなります。

もちろん、テレビがデジタル化されたからといって、今持っているアナログのビデオ再生機が使えなくなるわけではありませんが・・。

ビデオテープがだめにならないうちにDVDへ変換を

アナログの磁気テープは、保存方法が悪いと、湿気などによってカビなどが発生しやすく、ひどいものでは伸びきったゴムのようにプツプツ切れてしまいます。

ミニDVテープは、ハイテクのデジタルテープですが、とても薄くて細く、長持ちするか心配ですね。

実際に、画像がゆがんで再生されるテープもありましたが、そうなったら直しようがありません。

劣化しないうちに、DVD化しておくことがいいと思います。

結婚式のビデオは2人の大切な思い出

結婚式の写真も良いですが、やはり、一瞬を切り取った記録でなく、連続して人物が動き、声を出すビデオはその情報量が全く違います。

きっと、DVD化したものを夫婦で一緒に見ても、きっと結婚式の日のことを思い出して感動し、話が盛り上がること請け合いです。

なお、再生機が、ブルーレイレコーダーであってもDVDの再生は可能です。しばらくは大丈夫だと思います。

後悔しないように、面倒でも今のうちに変換をしましょう。

当社は、大切な思い出の詰まったビデオの変換のお手伝いをしたいと設立した会社です。みなさんの思い出ビデオを大切にします


思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 17:40| Comment(0) | ベータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業研修ビデオのDVD変換を

企業研修ビデオのDVD変換を

最近、アナログのビデオテープからDVDへの変換希望が多くなっているものに、企業研修ビデオがあります。

各企業にとって社員教育は重要なことです。

研修資料として、講師の話、先代の社長の話などをビデオに取っておいて、新入社員に見せることがあります。

ビデオは、会社の方針を伝える有効な手段になっているようです。


重要なメッセージはDVDにして保存を

会社で重要なビデオテープがVHSや8mmビデオであることが多いようです。

再生機がアナログからDVD化したため、見ることができなくなったから、とDVDへの変換依頼を受けます。

また、大切なビデオもテープが劣化してしまうと適正に見ることができなくなってしまう恐れもあります。

良いお話や会社の教訓などは、作成した年には関係ありませんので、見られなくなる前に、早めにDVDにして保存することをお薦めします。



思い出創造社 代表 望月 誠一郎
posted by 思い出創造社 at 15:08| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。