2008年11月15日

DVDの規格はややこしい

●DVDディスクの規格はややこしい
DVDは、VHSや8mmビデオのように、カメラで撮って、それぞれの方式にあった再生機で見るというような単純なものではありません。
DVDは、ディスクの規格や種類、ダビングの制約、ビデオの撮影方式、再生機器による再生可能な方式があるなど全くややこしい。
最初は、何で見られないの??と思うことに多々ぶつかります。

●DVDディスクの種類
DVDディスクには主としてDVD-R、DVD-RW、DVD-RAMなどの他、多くの種類があります。
また、販売店に行くと日本製から台湾などの外国製のものがあり、値段も様々です。一体何を使えばよいのかわからなくなります。
簡単に整理すると、
・DVD-Rは、1回のダビング用で、消去や書き換えは出来ません。
・DVD-RWは、書き換えが出来ます。ただし、書き換える場合には今までのすべてのデータを消去してフォーマットし直す必要があります。(1,000回の書き換え可能と言われます)
・DVD-RAMは、個別のファイル毎の消去と保存が出来ます。(10,000回から10万回まで書き換え可能と言われます)

●DVD-RAMが一番いいかと思うと
「10万回書き換えできるなら、DVD-RAMが一番いいよね」と思っても単純に喜べません。
まず、保存、再生にはDVD-RAMに対応したパソコンのドライブやビデオ再生機が必要です。ビデオでは、東芝、パナソニックなど限られた機種のみで再生できますが、一般的な再生機では見ることが出来ないことが多いのです。
DVD-RかDVD-RWの方が、対応機種に制約が少なく使いやすい。というのが本音です。
思い出創造社 代表 望月 誠一郎



posted by 思い出創造社 at 08:57| Comment(0) | ダビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。